シナ、北朝鮮、韓国この三か国とロシアが、我が国に取り、当面の敵国家であります、我が国も、北朝鮮に対抗して、核ミサイルを最新の技術を投入してつくべきだ、

       北朝鮮に対抗して核ミサイルの開発をの一日、

 

 本日から、いよいよ六月に入りました。

北朝鮮の核ミサイルの開発の話で

我が国は大騒ぎしています。

 

 しかし、心配なのは、我が国の

軍隊があるのかどうか、

果たして日本自衛隊が、シナや朝鮮の

直接侵略や間接侵略に対して、

軍事力を国家の権利の発動として

行使できるのかどうか、

 

 北朝鮮に向けて、我が国も核ミサイルノ

発射を毎月日本海に向けて、

行なうべきである。

 

 ラジオニュースによれば、

本日我が国の人工衛星の発射に

成功したという事です。

 

 人工衛星が確実に成功したとすれば、

核ミサイルの開発なんて、

わけないと思います。

 

 北朝鮮の核に対抗して、

日本も早く核武装を正当防衛、

自衛権の行使で米国の了解を

取り付け日本国会で、

安倍首相は全世界に

宣言すべきであります。

 

 

 

 


維新政党新風愛知県本部が、中心となり、西村眞悟先生・田母神先生の講演会を秋くらいには、開催したいな、戦う愛国保守陣営の砦の確立を

      戦う愛国保守陣営の確立をの二十八日、

 

 名古屋市の戦う立候補予定者の方より、

連絡が入り、愛国者の大物をお呼びして、

秋くらいに、大政治講演会を

やりたいというお話がありました。

 

 田母神閣下も裁判闘争が終わり、

判決が出ました。

 

 西村眞悟先生も政治活動を再開されて

帝都・東京や福島県で講演会を

開かれています。

 

 維新政党新風愛知県本部も、

七月か八月の大東亜戦争開戦日に

合わせて、米国の戦後体制打倒、

自衛隊の国軍化・核武装を求めた、

きわめてラジカルな政治主張のもと、

多くの戦う愛国者の皆様を集め、

政治講演会開催したいものです。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

 愛国クラブのブログより、

田母神閣下の政治講演会を

名古屋市で開催したいのであれば

仲介の労を取ります。

 

 しかし、戦う愛国政治団体の

調整をしますので、

ご理解ください。

 

誰がなんといっても田母神派だ!

http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post4753/
遠藤健太郎氏より

 昨日記事を配信したその日、文部科学省の前川喜平前事務次官が弁護士会館(東京都千代田区霞が関)で記者会見を開きました。日教組が推した「ゆとり教育」の実現に邁進し、朝鮮学校の授業料無償化に積極的に動いた男の言葉は、しらじらしいものばかりでした。
 三流省庁の従前の職務ペースにないスピード感が求められたことに「疑問」を持つのは、まず自分たちの職能に疑問を持つことから始めてほしいものですし、首相官邸や内閣府がごり押ししてきたような口ぶりですが、それは文科省が信用されていない(文科省だけに任せていられない)ことからくると思い知るよい機会にしてもらいたいものです。
 あとは、ここでいちいち解説するのも憚られるような、まさに官邸の総スカンを喰った例の天下り問題に対する「自分自身を責任者とはしない処分案」を出したことへの言い訳や、(確かにその通りですが)文科省は無力だの、後輩たちが気の毒だの、讀賣新聞社や週刊新潮が報じた醜聞への(本当かもしれませんが)とんでもない言い訳ばかりでした。
 何度でも申しますが、旧文部系と旧科学技術系の醜悪極まりない主導権争いをないことにして、本件は語れません。官邸は、ただちに戸谷一夫事務次官も更迭すべきです。
 霞が関のこの有り様は、あくまで現行憲法(占領憲法)を「憲法」とすれば、国家公務員が忠誠を誓う憲法が消費期限切れで腐りきっていることからくる官僚の窮屈が原因なのか、まるで子供の陣地取りのような幼稚な遊びに、時の首相まで巻き込んで私たち国民が翻弄させられています。
 これで思い出されるのが、航空自衛隊の田母神俊雄幕僚長(当時)を論文問題でさらし者にして自衛隊から追い出した防衛省(内局)の増田好平元事務次官です。
 あの時、田母神空幕長を麻生太郎首相(当時)が事実上更迭したように勘違いした人も多かったですが、何が何でも統合幕僚長に昇格させないよう人事を凍結し、隊内論文を問題視して、汚職防止に「内局の問題だ」と食ってかかった田母神氏をまんまと外へ放り出した張本人は、増田次官でした。
 その田母神氏は、今度は「保守主義っぽい」だけの商人に寄ってたかられた挙げ句、空自一筋の人生では知りえなかった欺瞞の世界を見させられたのです。
 詳しくは申せませんが何度もともに講演会などで登壇し、控室などで名刺交換する人と決してしない人(もうお会いしなくてもよいようにと願をかけて名刺交換をしない北朝鮮による拉致被害者ご家族の方は別です)という私の中で明確な基準があり、率直で純粋なお人柄が控室での会話で歴然と出た田母神氏は、何やら「保守ビジネス」の連中とは明らかに違っていました。
 いろいろな立場の方がおられます。私に「田母神氏を応援するな」と文句をいってくる人もいますが、田母神氏を有罪とした公職選挙法違反の東京地方裁判所判決については、瀬戸弘幸氏のブログ記事に書かれているのと全く同じ見解です。
 私が日教組に立ち向かった際、「あんなもんと闘うな」といった人がのちに「闘えばいい」などと焚きつけて私を呆れさせましたが、田母神氏は、雑音にとらわれず闘うべきだと思います。
 そして今度こそ、私たちが田母神氏を「自分の商売道具」にしないことです。法廷闘争支援にお金を集めたりするのはいただけません。私なら、田母神氏に直接お渡しします。
 三宅博前衆議院議員の告別式(大阪府八尾市)にも、田母神氏は参列されました。某商人も来ていましたが、鉢合わせはしませんでした。どちらが正義か、裁判所が気づかなかったことを私は知っています。
 公選法違反を「自衛隊員だったくせに間抜けだ」と非難する人がいますが、選挙の経験が浅ければ浅いほど、特に候補者本人は分からないことだらけです。私自身、家族の選挙を見てきて公選法違反にされてしまう仕組みのようなものを知っています。
 あれほど純然たる保守主義者を、このまま伏せ置かれてたまるものですか。今後も政治活動を続けていただくべく、私は田母神俊雄氏を勝手に応援します。

 

 


蒲郡信用金庫主催で、「櫻井よしこ先生」経済講演会が、八月三日木曜日、豊橋市・穂の国とよはしで開催されます、

      櫻井よしこ氏の講演会の二十四日、

 

 昨日、私のメインバンクであります、

蒲郡信用金庫に行きましたら、

櫻井よしこ先生の講演会、

経済講演会を八月三日木曜日の

午後二時から、豊橋市の穂の国

とよはしで開催するとチラシが

出ていました。

 

 愛国保守陣営の中で

唯一に安倍自民党に影響を

与えられる政治団体の

代表者格の先生であり、

地元の大手信用金庫主催の

講演会であり、席は

七百五十人分用意されていることの

こと。

 

 入場は無料でありますので

私も、田原市の蒲郡信用金庫で、

三人分頼みました。

 

 愛国者の皆様も、近所の

蒲郡信用金庫にいかれて、

詳しいことは聞いてください。

 

こちらの講演会にも、

多数参加ください。

 

 

ーーーーーーーーー

愛国クラブのブログより、

私たちの愛国保守運動が、

愛知県でも成果を上げています。

 

 維新政党新風愛知県本部も、

六月の京都にあります党本部表敬訪問、

七月か八月の維新政党新風

愛知県本部主催の講演会開催に

むけて、動き出しました。

 

小牧城陥落!やりました!!!

[勝利宣言】
愛知県内で韓国へ児童生徒をホームスティに送り出している
3市・北名古屋市・豊橋市・小牧市がありますが
小牧市から連絡がきました。
平成10年より17年続いた韓国・安養(あんにょん)市に小学5、6年生10名を夏休みに3泊4日で韓国家庭に送り込んでいます。
愛国倶楽部員の皆さんが毎年、小牧市に抗議の協力をいただき継続されてきました。

ところが今年は、安養市の市役所前に「慰安婦像」が建造されたことにより、我々の声、市民の声にこたえるため、小牧市長が安養市長に遺憾を伝えると同時に、ホームスティの中止を発表しました。
小牧市の担当課も嬉しそうに伝えてくれました。
大勝利です、ご協力ありがとうございました!!!

小牧市ホームページより
ーーーーーーーーー
平成29年度安養市児童相互交流事業の中止について
毎年夏休みに行っている、小牧市と友好都市である安養市の児童が相互にホームステイをし合う安養市児童相互交流事業を、現状を鑑み、本年は中止とします。
経緯
この児童相互交流事業は1998年に開始して以来、子ども達が言葉や文化などの違いに理解と認識を深め、未来に向けて両市の架け橋となってくれることを期待し、実施してきました。
しかしながら今年に入り、釜山の日本国総領事館前へ設置され問題になっている“平和の少女像”が、安養市役所庁舎前に位置する公園にも設置され、また、隣国の北朝鮮とアメリカ合衆国間の情勢は、日に日に緊迫感を増しており、渡航の安全が危ぶまれる状況です。
そういった現状から、参加児童の安心安全を第一に考え、本年は安養市児童相互交流事業を中止します。
今後について
安養市をはじめとする韓国内の状況や日本国内の状況など情報収集に努め、来年度以降の交流事業について関係団体と協議していきます。


 



プロフィール

カレンダー

  << 2017年06月 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

最近の記事

PR

アーカイブス

最近のコメント

  • 明日は、日本のこころ党主催の愛知県タウンミイテングの講演会に良識ある皆様ご参加ください、沖縄をシナや朝鮮から護ろう、
    つげ まさじ
  • 明日は、日本のこころ党主催の愛知県タウンミイテングの講演会に良識ある皆様ご参加ください、沖縄をシナや朝鮮から護ろう、
    塚本 謙二郎
  • 渥美半島にこの世の楽園、「食べ物満足王国」を作る、それが田原市会議員選挙に対する我々の選挙コピーであります、夢で終わらないように
    湯川栄光
  • 竹島奪還と、韓国・北朝鮮そしてシナとの領土問題の戦い方を政治運動として考える、
    湯川栄光
  • 愛知県の三河地区で市長選・市会議員選挙が立て続けで戦われます、豊橋市長には罪のない小学生を敵国・韓国に送るなという事を強く訴えたい、
    柘植まさじ
  • 愛知県の三河地区で市長選・市会議員選挙が立て続けで戦われます、豊橋市長には罪のない小学生を敵国・韓国に送るなという事を強く訴えたい、
    久々にきた子猫
  • 参議院・衆議院選挙に一人公認候補を擁立するのに、同志が何人いるのか。金はいくらかかるのか。
    柘植まさし
  • 参議院・衆議院選挙に一人公認候補を擁立するのに、同志が何人いるのか。金はいくらかかるのか。
    日野智貴
  • 本日、井桁まこと日本のこころを大切にする党公認・参議院愛知地方区立候補予定者の愛知県庁記者会見に参加しました、
    柘植まさじ
  • 参議院・衆議院選挙に一人公認候補を擁立するのに、同志が何人いるのか。金はいくらかかるのか。
    柘植まさじ

リンク

サイト内検索

その他

モバイル向け

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM