貴方も、愛国者の市会議員、地方議員になって、愛知県から、日本を変えよう、

 若者の同志諸君、貴方も、地方議会に、
進出して我々の主張を地方議会で、
ガンガン展開してください。
 東三河では、豊橋市、豊川市、田原市
で我々の代表が、立候補し、残念ながら、
落選しました。
 参議院選挙の国会議員選挙も、
過去四回、我々の代表が出ましたが
残念ながら、全て敗北しました。
しかし、我々愛国者の勢いは
益々強く、粘り強く、大人の対応が出来つつ
あります。
 豊橋市に於いては、私の友達が、
三回目の挑戦で、見事当選しました。
身分保障では、豊橋市会議員で、年間約
一千万の賞与、給与が市から与えられます。
名古屋市では、もっと多く与えられます。
 皆さん、何故、自民党、民主党、共産党、
公明党などの政党だけで、我々愛国者の
政党から、出ていないのでしょうか。
 我々とともに、地方議会に、代表を出しましよう。
決意された方は、此処にコメント
を書いて下さい。
 費用としては、供託金・運動費など含めて、
百万内外の選挙資金で、大丈夫かと
思います。
 次の統一地方選挙では、尾張地区、
名古屋市地区、西三河地区でも、
代表を出しましょう。
政策も出します。


小沢民主党代表に、祖国防衛の覚悟を問う、

 小沢民主党代表が、米国に対して、大見得をきっている。
テロ特措法を今回の国会で、とりわけ、
参議院に於いて、延長に賛成しないと、だだを
捏ねているのである。
 私は、はっきり言って、小沢氏の発言の真意が、
分りません。
 イラク戦争が、米国の為の戦争であり、
国連等のお墨付きがあり、世界安寧の為の、
戦争ではなかったと言う意見には、
聴くべきものがあると考えます。
 しかし、では国連で決議し、
国連が決定することは、全て可とする
お考えですか。
国連では、日本は、敵国であり、先の大戦で、
侵略国であったと認定されていると思います。
 訳の分からない、米国、ロシア、中共などの
さして世界各国の見本にならない軍事大国ばかり、
得をする構造であります。
 そして思想的には、ユニセフにみられる如く、
左翼イデオロギーが、
バイキンのように蔓延し、繁殖しています。
 国連も、正義を体現する力・存在では
無いとみるのが、今の所妥当な見解だというべきでしょう。
 みんなが心配しているのは、
現状の「暴力国家・アメリカ」に
楯突いて大丈夫なのか。虐めに会わないのか、
と言う心配なのです。

 政治家が其れを正直に言うと、
現実政治の中で支障をきたすので、
色々な理由をつけて、心配し、批判しているのです。
 安倍首相など其の為に、病気になり、戦わずして、
ギブアップ・降参・白旗を揚げました。
安倍氏を保守本流の大政治家と、見た人
そして過大な期待をした、
保守運動団体の関係者も、
今頃、落胆していると思います。
 今回の総裁選で、問題なのは、
愛国者・保守主義者が、福田氏でま、
良いかという安易な、妥協です。
私は、此処を一番恐れます。
福田氏は、靖国神社の参拝は否定しています。
中共に対しては、靡くでしょうし、朝鮮に対しては、
極めて、弱腰です。
 さて、本題です。
小沢氏の今回の法案反対で、
根本的に欠落しているものは、
誰が祖国日本と国民を護るのか」の覚悟です。
 イラク戦争が、正義の戦争ではないのなら、
日本は手を貸さなければいいです。
中共もロシアも米国に一切協力していません。
しかし、其の行動は日本を属国と見ている
米国の大いなる怒りを買います。
そして結果として、日米安全保障体制にも、
ひびを入れ、否定する結果となるでしょう。
 その時に、中共・朝鮮・ロシアの
軍事的な侵略・脅威から、
祖国と国民を誰が護るのか。
 この覚悟が全ての政党に、戦後一切
問われませんでした。
この国防政策をまず、国会で真剣に
議論し尽くすべきです。
 この国防政策をまず、全国民の前に、
民主党として、堂々と、示してから、
米国に対して、異議を申し出るべきである。
 民主党は党内の防衛政策一つ、纏まっていない、
政党の名に価しない、権力亡者の野合連合体である。
「民主党」が、果たして何時まで、
小沢党首にくっ付いて行動出来るのであろうか。
米国からの強大な圧力・謀略の前で、
堪えていけるのか。
 それとも、小沢代表は米国中枢、中共中枢と
何らかの話が出来ていて、
安倍自民党を追い落とす為に、
一芝居うっているのか。
 何にしても、自分の国は、自分で護る
という覚悟のない、民主党で、大丈夫なのか。
 民主党には、直に、国防政策を国民の前に提示
して頂きたい。
 愛知県の今回の参議院立候補者の中でも、
憲法九条に対する認識の全く違う公認候補、
今は、現職の参議院議員の混ざり合っている
民主党で、果たして、国が護れるのか。
 我々の代表を一人も国会に送れなかった、
自分の不甲斐無さをしみじみ感ずる
初秋である。

地方政治への戦い、挑戦していこう、愛国者の結集を

地方政治・市長選を考える、
地域を繁栄させる住民の力の結集し、
地域の健全な繁栄を創ろう、

地方政治の停滞・混迷した現状に
ついて深く憂い、真剣に考える

近く、豊川市市長選そして、
東三河からの離脱をはつきり
明言する市長選立候補予定者が
存在する蒲郡市長選が戦われます。
 今回は、地方政治を真剣に論じます。
まず現状の地方政治を見ますと、
例えば豊橋の元社会党代議士上がりの
早川市長。
この早川市長に対しては、
豊橋市民の批判の声が大きい。
 東三河の中核都市としての四十万都市の
市長として果たしてどうでしょう。
市長としての能力、見識はなく、
ただ、何もせず、ミスを犯さない事に、
汲々としている人間であると、
多くの心ある豊橋市民から、言われている。
このような、地域のリーダーとしての
自覚・自負のない市長が
何故何期も市長を続けられるのか。
地域を繁栄させることが市長、
市会議員の任務である、

地方政治に於いて市長や市会議員の
役割は、一体何が一番大切でしょうか。
ある意見では、地方政治に、
政治家は要らないという暴論もあります。
私は、市長・市会議員と言う地方のリーダ一に
一番必要な事は、
政治的判断力だと断定します。
 まず政治的判断の必要な時の
リーダーシップであり、
政治的決断力であります。
そして政治力で地方・地域をそしてそこで
働く人々、企業を繁栄させる事です。
 この一番大切な事が、
住民の間で真剣に語られず、
具体的な政策は、行政・地方官僚に負んぶし、
自らは汗も流さず、
手を汚さない、そんな市長が
散見されるのは、残念です。
早川氏のような豊橋市長として
百年先の見えない人間が
何故存在するのか、
市長として許されているのか。
特定の企業の後ろ建てがあると言う噂
もあります。
宮崎県知事になったある前タレントと
政治力に於いて如何に違うか。
 前タレントの宮崎県知事と
我々の地方の市長とどう違うのか。
此処にも、市民の皆様の議論が起きてもいいと思います。
 我々愛国政治勢力は、豊川市長選、蒲郡市長選にも、
注目しています。
 我々は、住民として、地域の繁栄・地方政治に、
傍観者・無関心では居れません。
 我々の合言葉は、地域、地方の繁栄、
そして、繁栄させる事により、
埋没、衰退せんとする地方を再生させます。

繁栄とは何か、

私は、我々の地方政治の目的をはっきりと、
「地域・地方の繁栄」と答えを出します。
ある自動車屋の会長から、
「物的のみの繁栄は、害が大きすぎる。
戦後の日本の社会を見れば、一目瞭然」と
注文を付けられました。
しかし、戦後の繁栄は、繁栄にあらず、
物的な豊かさ、物が必要以上に溢れてただけと、
見ます。
 繁栄とは、家・企業・地域・国が、
未来永劫に子々孫々、代々永遠に
続くと言う事・営みだと考えます。
この世の中で、未来永劫、子々孫々続く
存在があるでしょうか。
あります、
我が祖国日本にしか存在しない、
そう将に天皇家の御存在こそ、
根本的なモデルであり、
世界中で此れほど長く、同一性を保ち、
国民・他国民の方から、尊敬される御存在は
まずない。
何故御皇室は長く続いているのか、
答えは宇宙の存在の法則に
一番適任しているからだ、と考えます。
宇宙の法則に合わないものは、
どんな存在も、長続きしない。
 中共の王朝しかり、西欧の国家しかり、
会社も例外ではない。
トヨタとて、はて、百年先まで、
存在しているかどうか、
我々は、地域を繁栄させ、地域の会社を繁栄させ、
地域に住むでいる総ての家を
繁栄させると言っているのだ。
豊川市長選の焦点が、総合病院を
どこに作るのか、他の町を合併すべきかという、
点だと保守系候補者は力説する。
 そんな行政・官僚の方法論的な政策では、
住民の支持はない。
 将に、日本人の魂、
心のなかの宇宙の法則と合致した、
地方政治をするかと言う問題である。
 金持ちの家でも、三代中々続かない。
繁栄の法則から、ずれて行くからである。
我々の繁栄論は、半永久に未来永劫、
先祖代々続く地方、地域、家を作り直すしかない。
 まず、日本人の常識・伝統に
合った家族の再生を行なう。
「繁栄を創る会」を各地に立ち上げ、
保守団体、企業、個人を結集し、地域の繁栄を作りたい。



プロフィール

カレンダー

  << 2017年08月 >>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

PR

アーカイブス

最近のコメント

  • 明日は、日本のこころ党主催の愛知県タウンミイテングの講演会に良識ある皆様ご参加ください、沖縄をシナや朝鮮から護ろう、
    つげ まさじ
  • 明日は、日本のこころ党主催の愛知県タウンミイテングの講演会に良識ある皆様ご参加ください、沖縄をシナや朝鮮から護ろう、
    塚本 謙二郎
  • 渥美半島にこの世の楽園、「食べ物満足王国」を作る、それが田原市会議員選挙に対する我々の選挙コピーであります、夢で終わらないように
    湯川栄光
  • 竹島奪還と、韓国・北朝鮮そしてシナとの領土問題の戦い方を政治運動として考える、
    湯川栄光
  • 愛知県の三河地区で市長選・市会議員選挙が立て続けで戦われます、豊橋市長には罪のない小学生を敵国・韓国に送るなという事を強く訴えたい、
    柘植まさじ
  • 愛知県の三河地区で市長選・市会議員選挙が立て続けで戦われます、豊橋市長には罪のない小学生を敵国・韓国に送るなという事を強く訴えたい、
    久々にきた子猫
  • 参議院・衆議院選挙に一人公認候補を擁立するのに、同志が何人いるのか。金はいくらかかるのか。
    柘植まさし
  • 参議院・衆議院選挙に一人公認候補を擁立するのに、同志が何人いるのか。金はいくらかかるのか。
    日野智貴
  • 本日、井桁まこと日本のこころを大切にする党公認・参議院愛知地方区立候補予定者の愛知県庁記者会見に参加しました、
    柘植まさじ
  • 参議院・衆議院選挙に一人公認候補を擁立するのに、同志が何人いるのか。金はいくらかかるのか。
    柘植まさじ

リンク

サイト内検索

その他

モバイル向け

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM