日本は、独立国家か、米国の属国・植民地か、あなたはどう思いますか

 私は、先の参議院選挙で、日本は悪い国、
侵略国家、犯罪国家で、あろうか、と
多くの国民に問いかけた。
 しかし、今の教育、とりわけ、
中学、高校の歴史教育では、
とりわけ、近現代史では、日本は、
侵略国家・犯罪国家、はっきり言って悪い国であると、
教えられている。
 この教育の中で、祖国への愛や、先人への尊敬、
兵隊さんへの感謝など、普通ではおこるはずはない。
 若い方が、愛国心や、私のブログを
真剣かつ問題意識を持つて読んで
頂けるのは、学校教育以外で、侵略史観ではない、
価値観を学んだからである。
 
 自分の国に誇りや、自信のない国民は、
其れは植民地の住民である。
 それでは、今のわが国は何か。
独立国家であるのか、それとも、米国の植民地であるのか。
 政治責任者が、自国の独立と尊厳、国民の生命、
自由、財産を護るために、戦った、英霊に、
感謝と追悼の誠を捧げることを
しない、英霊を祭祀している靖国神社に参拝しないと
公約として掲げ、国内外から、批判も、
攻撃も受けない、植民地国家、植民地根性日本。

 私は、この福田首相に、抗議も攻撃も、論難も、
おきない、
 わが国の現状を鑑み、
まさに、大東亜戦争前の、アジア・アフリカ
諸国と同じように、
白人国家の、植民地であると、断言します。

 わが国が、独立国家であると、言う方は、
どくりつ国家であると言う根拠を此処に
コメントしてください。

朝一で、仕事に出ました、皆さん、祖国と地域を愛する人を結集しよう、

 ただいま、帰りました。
本日は、朝から仕事で、がんばりました。
さて、十二月八日も、もうすぐ来ます。
 我々は、英霊に感謝する国民の祝日にすべしと、
訴えてきています。
 しかし、まだまだ、浸透せず、愛国者同志の
ブログにも、あまり影響を与えていません。
 しかし、私は、一人でも、訴え続けます。
ぜひ、今回の英霊に感謝する集いに、
出てください。お待ちしています。
 家族で、地域で、組織の会合で、
大東亜戦争の意義を語ってください。
 今の若者が、六十有余年前、米国と、
アジア・アフリカの開放を賭け、
戦った大戦の事を訴えてください。

「英霊に感謝する集い」 
 大東亜戦争を熱く語ろう、
講師、神藤光雄元豊橋市議会議長、
所・豊橋市高師町字北原44
 豊橋市生活家庭館第一会議室
 0532−45−4014
時間・12月9日日曜日午後二時から四時まで、
会費・資料代「凛として愛」DVDなど含め、
   お一人千円   
   会のあと、忘年会を兼ね、講師の先生を
   囲んだ、親睦会を行います。
主催・12月8日英霊に感謝と追悼を捧げる日
   制定実行委員会
  連絡先・柘植まで、090−1235−6032
交通・名鉄豊橋駅から渥美線に乗り、隆駅下車、
     歩いて十分、高師緑地公園内です。
 どなたでも、英霊に感謝したい方は、ご参加ください。

国民の生活か、英霊への感謝か、我々愛国者の政策を問う、あなたはどっちだ、

 英霊に感謝する、キャンぺーンを私は、
全てのブロガーの同志に訴えます。
 是非、一回でも、二回でもいいです。
 祖国のため、愛する郷土、最愛の家族、恋人を
護るため、決起した英霊に感謝する
記事をあなたのブログで書いてください。

 
 さて、今回は、我々の政策課題が
国民生活に重点をおくのか、英霊に感謝する
行動に重点をおくのかを、論考して行きます。
 先の参議院選挙に、ご支持・御協力いただいた
方たちから、英霊に感謝する、三ヶ根山の東条英機
閣下はじめ、多くの英霊に感謝することより、
国民の生活の改善を強く訴えるべきと言う、
声がありました。
 しかし、この論理は何処かで聞きませんでしたか。
其れは、小沢民主党です。
 彼は、安部前首相の戦後体制の克服という、
国家レベルの政策課題を、国民生活という
視点から、見事に完膚なきまでに潰しました。
 しかし、其れは、わが国の亡国への始まりでありました。
 国民の生活を護るために何が、一番必要か。
答えは簡単です。正に、強い国、外国から、富を奪われない
強い国家・強大な国家そして強い国民そのものです。

 日本は、世界の中で一国だけで、
存在しているのではありません。
 国内でいくら国民生活を護ろうとしても、
外国から、簡単に政党を動かし、国民の税金を
搾取される構造があるとすれば、小沢民主党
代表が、国会で幾ら頑張っても、殆ど意味が
ありません。
皆さん,ようく考えてください。参議院選挙の
前は、農林水産省が、ある勢力に、集中的に狙われ、
多くの大臣が、潰されました。自殺させられた
前大臣もいます。
 今は、防衛省が、徹底的に狙われ、潰されています。
集中的に何故、スキャンダルが、マスコミから、
誰かに指示されたように、出てくるのでしょう。
 私は、意図したスキャンダルであり、マスコミを
誰かが牛耳っていると感ぜざるを得ません。
 国民の生活を護るためには、国が強くないと、
まったく意味がないのです。

 国を強くするためには、国を護るために
戦死した英霊に対して、最大の礼を持つて
国家が祭祀しなくてはいけないのです。
そして国家の最高の政治責任者が、英霊に対して
最大の礼を持って、祭祀しなくてはいけない。
 簡単で、当たり前の話です。

 世界で唯一例外のある国家があるとすれば、
まさに、わが国日本です。
 皆さん、国民の生活を護り、我々が幸せに、
成る為には、強い国家を急速に作らないと、
正に手遅れになります。
 強い国家を作るためには、国家・国民の危機のとき、
命を賭け護った英霊に、感謝し追悼し、
我々国民が、英霊の後に続くしかない。
 愛国者の皆様、今こそ、英霊に感謝する行動を
あなたから、興してください。
維新政党・新風は、先頭に立ち、祖国の栄誉ある
歴史を国民の心に、回復して行きます。
 


プロフィール

カレンダー

  << 2017年10月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

最近の記事

PR

アーカイブス

最近のコメント

  • 明日は、日本のこころ党主催の愛知県タウンミイテングの講演会に良識ある皆様ご参加ください、沖縄をシナや朝鮮から護ろう、
    つげ まさじ
  • 明日は、日本のこころ党主催の愛知県タウンミイテングの講演会に良識ある皆様ご参加ください、沖縄をシナや朝鮮から護ろう、
    塚本 謙二郎
  • 渥美半島にこの世の楽園、「食べ物満足王国」を作る、それが田原市会議員選挙に対する我々の選挙コピーであります、夢で終わらないように
    湯川栄光
  • 竹島奪還と、韓国・北朝鮮そしてシナとの領土問題の戦い方を政治運動として考える、
    湯川栄光
  • 愛知県の三河地区で市長選・市会議員選挙が立て続けで戦われます、豊橋市長には罪のない小学生を敵国・韓国に送るなという事を強く訴えたい、
    柘植まさじ
  • 愛知県の三河地区で市長選・市会議員選挙が立て続けで戦われます、豊橋市長には罪のない小学生を敵国・韓国に送るなという事を強く訴えたい、
    久々にきた子猫
  • 参議院・衆議院選挙に一人公認候補を擁立するのに、同志が何人いるのか。金はいくらかかるのか。
    柘植まさし
  • 参議院・衆議院選挙に一人公認候補を擁立するのに、同志が何人いるのか。金はいくらかかるのか。
    日野智貴
  • 本日、井桁まこと日本のこころを大切にする党公認・参議院愛知地方区立候補予定者の愛知県庁記者会見に参加しました、
    柘植まさじ
  • 参議院・衆議院選挙に一人公認候補を擁立するのに、同志が何人いるのか。金はいくらかかるのか。
    柘植まさじ

リンク

サイト内検索

その他

モバイル向け

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM