成人の日、国旗を堂々と、掲げよ、一軒でも多くの国旗を掲げる家・会社の拡大を

 平成の御世、十四日、成人の日、旗日、日の丸を掲げる日
 お早うございます、成人の日祝福です。
皆様、ご自分の家の玄関で日の丸が、
堂々掲揚されていますか。
 まず、国旗を掲揚してください。
私も、朝起きて一番に、国旗掲揚です。
近所の人で、一人でも多く、国旗を掲げる人を
創りましょう。之が政治闘争であり、
我々の組織作りでもあります。
 また、町で国旗を掲げている人を
たずねて歩きましょう。
 我々に考えの近い人です。
愛国者は、組織を作り、戦う集団に
ならないと力になりません。
 その中から、一番政治家に向いている人を
市会議員にしていこう。
 私はいつも、新風の中で言っています。
自分の住んでいる町で、政治運動・愛国運動をせずに、
どこでやるんですか。
 共産党や、公明党の議員は、皆さんの
町にも、最低一人はいるでしよう。
 さて、愛国者の議員はいますか。
自民党の議員は、あまり充てになりません。
信念も思想も、政策も無い人が多いです。
 我々の愛国者の仲から、議員を造りましょう。
議員になりたい愛国者の人、
 維新政党・新風は、心から応援します。
 

本日は、ご苦労様でした。今上陛下御即位二十年奉祝、そして左翼法案否定、成立阻止の政治情宣が愛知県から始めれました、

  平成の御世、十三日

 本日の維新政党・新風愛知県の定期情宣、
拡大定期例会ご参加の愛国者の方、
同志の皆様、ご参加ありがとうございました。
 十名の方のご参加をもち、豊橋駅前での、
今年初めての定期情宣、無事終えることが出来ました。
 私は、参議院選挙でも、日本国家・国民のための、
政治を取り戻すべきだと、
心からお訴えさせていただきました。
 本日は、公明党豊橋市議団の方と
思いますが、三名の方が、我々のまえに、
演説をされていました。ご苦労様です。
 しかし、皆様、本日十三日の朝日新聞に、
太田公明党代表の、国政選挙における宣伝カーの
給油不正請求の記事が大きく載っていました。
 先の国政選挙において実際より多くの
選挙宣伝カーの燃料代を請求し、
その不正請求を訂正したという
記事であります。
 この記事に関するコメントを市議団の方に、
求めましたが、無回答のまま、演説を終えられ帰られました。
 さて、私は、国家・国民のための政治を取り戻せ、
と参議院選挙でも、訴えさせていただきました。
 今回、何とか成立した、新給油方ですが、
皆様いかが理解されますか。
 私は、今回の法律は、米国のための法律であり、
所詮、其れは、先の郵政民営化法に似ていると、
考えます。
 鳴り物入りで成立した、郵政民営化法が、なにか、
国民のためになったでしょうか。
 私は、国民にとって、利益は目に見えてないと、
はっきり考えます。今まで、一人でやっていたことを
四人でやるように、煩雑になったと考えます。
 そして、民間を圧迫する巨大な銀行と、保険会社が
新たに出来、民間を今以上に圧迫しだした。
そこに勤める郵便局の職員も圧迫しだした。
 之と同じことが、今回の給油法であります。
日本国民にただで政府が、ガソリン等をくれれば、
少しは国民が得をするでしょう。
 しかし、他の国の軍艦等に、日本国民の
税金で燃料を給油してあげるわけです。
 他国はいいですが、日本は、国民の税金で払うわけです。
皆さん、納得できますか。
 自民党の方は、これこそ国際貢献といいます。
それでは、外国の軍艦等の運用費全額を日本が
税金で賄ってあげた方が、国際貢献していると、
いえるのではないですか。
 小沢さんも、米国の利益のためだから、
という理由で、テロ特措法に反対であれば、
その姿勢を最後まで、貫くべきである。
 その主張の根底には、日本は米国の属国に非ずという
政治哲学があったはずです。
 日本は、米国の属国にあらず、ならず、が
政治姿勢であれば、その姿勢を貫くべきであった。

 最後の民主党の腰砕けは一体何か。

所詮、小沢氏の言った事は、党利党略のみの、戯言であったのか、
と、理解に苦しむのは、私だけか。
 要は、自民党にしても、民主党にしても、
国家・国民のための政治を追求していない。
 政治的タブーの前で、本質には触れないよう、
配慮した、建前の政治議論に終始している。
 日本が、独立国なのか、特定国の属国なのか。

 属国であるなら、如何に名誉ある独立国として、
独立を勝ち取るのか。
 我々維新政党・新風及び愛国者に課せられた、
課題は重く、厳しいものがあります。
 しかし、国民は、馬鹿ではありません。
真実の政治主張に何時か、味方してくれるはずです。
 共に、現実的政治力をつけるため、
頑張りましょう。

本日午後二時、豊橋駅に総決集ください、維新政党・新風本部としても、人権擁護法案廃案・反対の政治運動を開始すると、党本部で、決定されたと言うことです

 平成の御世十三日、日曜、

 本日、午後二時、維新政党・新風愛知県として
一月の定期情宣と、拡大定期例会を開きます。
 党本部としても、「人権擁護法案」廃止・反対の
政治闘争が、決定されたと言うことです。
 全国でこの法案反対の政治運動が始まります。
 愛知県としても、本日から、率先して戦いましょう。
そして、今上陛下語御即位二十年の奉祝運動を
大々的に行いましょう。
 日本の国柄に会わないし、国柄を壊す、
この法案阻止、反対の先頭に立ち戦いましょう。
 柘植090−1235−6032
なお、瀬戸維新政党・新風副代表のブログに、
今後の維新政党・新風の政治運動の全国方針が、
出ていますので転載させていただきます。

 瀬戸氏のブログより、引用・転載

さて、今日は維新政党・新風の本部役員会が
開かれました。今年より私も新風の副代表という
立場を拝命し、この重責を担わなければならない
立場となります。

 新風の1・2月の活動方針が決定しました。

 「人権擁護法案」「外国人参政権法案」に対する反対運動

 「在日特権」廃止に向けた運動の3点です。

 まだ、党員にも機関紙で通知もなされていないので、
詳しいことは申し上げられませんが、
とにかく維新政党・新風はこの運動に関して、
今後は全組織を上げて取り組むことになりました。

 勿論、この運動が新風だけで
成果を上げることは困難であり、
より多くの団体・国民へ呼びかけて
盛り上げていかなければならないと思っています。

 当面は抗議活動や示威行動というような
直接的な活動にまではいかないとは思いますが、
チラシの配布を全国的に行なう―、
或いは街頭における演説会などは
行えるようにしたいと思っています。

 川久保勲国民運動委員長からは、
これまで『主権回復を目指す会』
『外国人参政権に反対する会』
『在日特権を許さない市民の会』と連携してきた
<行動する保守>運動を評価し
協力していきたい旨の発言もありました。

 今後、私・瀬戸並びに村田国民運動委員は
これまでの運動を更に発展させ、
「人権弾圧法案」に対する抗議活動を行ないます。
また、同時に維新政党・新風としては、
各地方県本部においてポスティングや
定例街宣などで、この問題に取り組んで
いくことになると思います。

 代表・松村久義新体制の下で、
新風はこれまでの結党以来の志を継承しつつも、
新しい変革の時代に向かって果敢に行動する党へ
と脱皮して、この国難を一致団結して、
広範囲な国民大衆と共に切り拓いていきます。

 皆様のご支援を今後ともお願いする次第です。




プロフィール

カレンダー

  << 2018年01月 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

最近の記事

PR

アーカイブス

最近のコメント

  • 産廃問題で、新城市民の先頭に立ち戦う山本拓哉氏、愛知県会議員選挙に決起する、私は応援します。
    山本拓哉のバックは北朝鮮
  • 明日は、日本のこころ党主催の愛知県タウンミイテングの講演会に良識ある皆様ご参加ください、沖縄をシナや朝鮮から護ろう、
    つげ まさじ
  • 明日は、日本のこころ党主催の愛知県タウンミイテングの講演会に良識ある皆様ご参加ください、沖縄をシナや朝鮮から護ろう、
    塚本 謙二郎
  • 渥美半島にこの世の楽園、「食べ物満足王国」を作る、それが田原市会議員選挙に対する我々の選挙コピーであります、夢で終わらないように
    湯川栄光
  • 竹島奪還と、韓国・北朝鮮そしてシナとの領土問題の戦い方を政治運動として考える、
    湯川栄光
  • 愛知県の三河地区で市長選・市会議員選挙が立て続けで戦われます、豊橋市長には罪のない小学生を敵国・韓国に送るなという事を強く訴えたい、
    柘植まさじ
  • 愛知県の三河地区で市長選・市会議員選挙が立て続けで戦われます、豊橋市長には罪のない小学生を敵国・韓国に送るなという事を強く訴えたい、
    久々にきた子猫
  • 参議院・衆議院選挙に一人公認候補を擁立するのに、同志が何人いるのか。金はいくらかかるのか。
    柘植まさし
  • 参議院・衆議院選挙に一人公認候補を擁立するのに、同志が何人いるのか。金はいくらかかるのか。
    日野智貴
  • 本日、井桁まこと日本のこころを大切にする党公認・参議院愛知地方区立候補予定者の愛知県庁記者会見に参加しました、
    柘植まさじ

リンク

サイト内検索

その他

モバイル向け

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM