産廃問題で、新城市民の先頭に立ち戦う山本拓哉氏、愛知県会議員選挙に決起する、私は応援します。

       新城の県議選の日九日

 昨日は、田原市の和地公民館にて、
ゴミ問題の連絡会が開催されました。

 そして会の中で、山本拓哉新城の
環境を考える市民の会代表が、
田中興業の新城進出反対、
断固阻止のために、
愛知県会議員名選挙に立候補することが
報告されました。

 政治闘争というものは、
最後は、議会に代表者を送り、
議会で多数決で決着をつけるしか、
政治闘争の道はありません。

 私は、山本拓哉氏を支持し、
県会議員選挙を戦う
決意をしました。

 昨日、山本拓哉氏の
後援会にも入会しました。

ーーーーーーー

 山本拓哉氏のブログより、
転載させていただきました。


県議選 出馬表明

 

    愛知県議会議員選挙立候補 
    決意表明
     
     私、山本拓哉は、このたび、412日投票の愛知県議会議員選挙に、出馬をする決意を固めたこと、ここに正式に発表をさせて頂きます。
     
     わたしは、この選挙を「ふるさと新城・北設楽を、住民の力で消滅から救う」ものであると考えます。
     先祖代々、新城・北設楽の地域を興し、今も多くの方々が懸命に努力し、守ってきた地域の資源を、次の世代により良くして、受け継ぐことが今を預かる我々の役割であります。
     
     しかし、現状はどうでしょう。
     新城市、設楽町、東栄町、豊根村は、消滅可能性都市と称され、2040年迄に若年女性が半減し、極端な人口減少などで、行政が機能しなくなる恐れがあるとされてしまいました。
     新城・北設楽の全域の行政が機能しなくなるとはどういうことか。絶対にそうなってはならないと強く思います。
     
     私は、新城・北設楽には、豊かな農林業の場、大都市から近い利便性、気候風土の穏やかさ、といった地の利。そして、歴史文化、民族芸能、アウトドアスポーツなど、人々を引き付ける魅力があります。そして、何といっても人情厚い人々がいます。
     これらを活かし、新城・北設楽を、消滅可能性都市から「発展可能都市」へと生まれ変わらせたいと思います。
     
     また一方で、この大切な地域の資源を、悪臭や環境汚染で台無しにしてしまう大問題が、今起きています。
     愛知県企業庁が、地元新城市八名地区の先祖代々の大切な土地を預かった新城南部企業団地が、悪臭で地域住民を苦しめると強く疑われる産廃堆肥化中間処理施設に、土地が渡ってしまった問題です。
     この新城産廃問題には、34,000人もの反対する署名が集まり、私も反対運動を進める一人として、今日現在も運動を進めています。
     
     現在、市民の会では、この産廃企業が田原の遊休農地に堆肥を施肥しているといわれている行為が、産廃の不法投棄に当たるのではないかと、愛知県環境部に摘発をしました。しかし、5か月を過ぎる現在でも、愛知県庁は、その判断を保留にしたままです。
     また、この企業は、最初に設楽町に入り、地元の方々の努力で追い出されたものの、新城市にとどまってしまい、もし操業を始めたら、新城・北設楽の遊休地に悪臭堆肥がまかれ、誘客産業には大きな打撃となる、新城・北設楽全体にとっての大問題であります。
     
     先般、反対者が60人ほどで、愛知県庁までバスで乗り込み、適切な審査を訴えるデモ行進を行いました。私は、その先頭に立ち、大きな声で訴えさせて頂きました。
     しかし、その後も愛知県庁は、黙して動かず。
     
     そんな中、悪臭によって子ども達が、外でのびのびと遊べなくなることを心配する、地元のお母さん方から、「県議になって、その力で、この産廃問題を解決してほしい。」と、涙ながらに言われました。
     そのときに思いました。私の今の力でできるのは、住民の反対の声を大きくするところまでなのかなあ、と。
     今以上に「地域をよくしよう」という思いを実現するために、もっと力が欲しい。
     その機会が目前の愛知県議会議員選挙である、と決意しました。
     
     新城・北設楽は、東三河の水源地、人々の生きる源であります。この環境を守る力を頂きたい。
     この思いを述べ、私の愛知県議会議員選挙への立候補決意表明とさせて頂きます。
     
    平成2737
    山本たくや(拓哉)

    今後、県議選に関する情報もお伝えしていきます。
    ネット選挙が解禁になり、告示(4/3)から投票日前日(4/11)までの選挙運動が原則できるようになりました。
    その日までは、いいね、シェアなどは、Okですが、それに加え、山本たくやへの投票をうながすようなコメントは、事前運動となり違反となりますから、ご注意ください。

     
    愛知県議会選挙 | permalink | comments(0) | -

    スポンサーサイト

    • 2018.01.16 Tuesday
    • -
    • 07:32
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    コメント
    山本拓哉のバックはト一族。都と書いて「ト」です。産廃ママの会のリーダー都女史の婿親が北朝鮮に鉄道を敷く事業を日本で展開する都相太。トサンテ。三千里鉄道。北朝鮮の経済特区での自社操業を狙う。韓国では入国禁止。今回の選挙はここの北朝鮮資金で山本が出馬。
    • 山本拓哉のバックは北朝鮮
    • 2017/10/28 2:07 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    プロフィール

    カレンダー

      << 2018年01月 >>
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   

    最近の記事

    PR

    アーカイブス

    最近のコメント

    • 産廃問題で、新城市民の先頭に立ち戦う山本拓哉氏、愛知県会議員選挙に決起する、私は応援します。
      山本拓哉のバックは北朝鮮
    • 明日は、日本のこころ党主催の愛知県タウンミイテングの講演会に良識ある皆様ご参加ください、沖縄をシナや朝鮮から護ろう、
      つげ まさじ
    • 明日は、日本のこころ党主催の愛知県タウンミイテングの講演会に良識ある皆様ご参加ください、沖縄をシナや朝鮮から護ろう、
      塚本 謙二郎
    • 渥美半島にこの世の楽園、「食べ物満足王国」を作る、それが田原市会議員選挙に対する我々の選挙コピーであります、夢で終わらないように
      湯川栄光
    • 竹島奪還と、韓国・北朝鮮そしてシナとの領土問題の戦い方を政治運動として考える、
      湯川栄光
    • 愛知県の三河地区で市長選・市会議員選挙が立て続けで戦われます、豊橋市長には罪のない小学生を敵国・韓国に送るなという事を強く訴えたい、
      柘植まさじ
    • 愛知県の三河地区で市長選・市会議員選挙が立て続けで戦われます、豊橋市長には罪のない小学生を敵国・韓国に送るなという事を強く訴えたい、
      久々にきた子猫
    • 参議院・衆議院選挙に一人公認候補を擁立するのに、同志が何人いるのか。金はいくらかかるのか。
      柘植まさし
    • 参議院・衆議院選挙に一人公認候補を擁立するのに、同志が何人いるのか。金はいくらかかるのか。
      日野智貴
    • 本日、井桁まこと日本のこころを大切にする党公認・参議院愛知地方区立候補予定者の愛知県庁記者会見に参加しました、
      柘植まさじ

    リンク

    サイト内検索

    その他

    モバイル向け

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM